ディスクユニオン新宿クラブミュージックショップ Blog

Buy & Sell Hip Hop | R&B | House | Techno etc... Good Club Music!
新宿ブラックミュージック買取センター
default_106_1.jpg

unit official hp

2008.07.11 FRI
OPEN : 19:00
START : 19:00
CHARGE : ADV.5,000yen

Live:
Moritz von Oswald Trio feat.Vladislab Delay & Max Loderbauer
(ex.Sun Electrinic,NSI)
Flying Rhythms

Dj:
Fumiya Tanaka
Juzu a.k.a.Moochy
Hikaru
(SALOON) "*JAH-LIGHT* SOUND SYSTEM"
SOUND NAVIGATOR: JAH-LIGHT/NessiLL
MESSENGER: SONSHI-MC
LIVE: MANTIS≒dubious
DJ:
yoshiki (Torema Records/op. disc/Runch)
DJ YAZI (THINK TANK/Sensitivity)
Sisi (Timothy Really/Real Grooves)
Psychedelic Bus a.k.a. HIROKI MURAI (MOKMAL SOUND/420TOUR)

(UNICE) "Light & Day Floor"
DJ: 松坂大佑 (Iro-Mi-On~色味音)/and more
VJ: 100LDK/SO IN THE HOUSE/and more
PHOTO SLIDE: tonka

[MORE INFO] UNIT 03-5459-8630 www.unit-tokyo.com
[備考] *要顔写真付ID

●Moritz von Oswald Trio
モーリッツ・フォン・オズワルド・トリオ(以下MvOT)は、モーリッツ・フォン・オズワルド(Basic Channel)とマックス・ ローダーバウアー(サン・エレクトリック、NSI)とヴラディス ラヴ・ディレイ(別名ルオモ、ウージタロー)という、高い評価を受けるアーティストたちから成るユニークなパフォーマンス・プロジェクトだ。この三名はそれぞれが90年代初頭ベルリンにおけるエレクトロニック・ミュージック・シーンで活躍したパイオニアであり、個々の異なる経験とアプローチによって、ダブ・エレクトロニカに改革をもたらした。新プロジェクトはライヴの集合的インプロヴィゼーションならではの可能性を探求するもので、フォン・オズワルドがエレクトロニクスとミキシングを担当、ローダーバウアーがアナログ・シンセサイザーを、そしてヴラディスラヴ・ディレイがドラムと
彼の手製の楽器とメタル・パーカッションをプレイするというもの。

過去の作風を引き継ぎながらも、このトリオでは遅いテンポを採用することで、よりファンクに近い、メロディやハーモニーの比重を抑えてパーカッションによるリズミカルな鼓動を前面に押し出した、「エンドレス・グルーヴ」を作り上げている。彼らのライヴ・パフォーマンスでは、このグルーヴをエレクトロニクスとサスペンドしたシンセ音によって何層にも重ねた即興伴奏が行われ、流れるような脱構築テクノを聴かせてくれる。MvOTが基本のリズムを絶え間なく変化させていく様は、アフロビートとエレクトロニカの融合に近い。彼らの演奏にはトライバリズム、すなわちカンが実践していた音楽的民主主義、つまり多角的な自由空間を創造する等しさがあり、それがこのトリオの音楽にヒプノティックで高尚なクオリティを与えている。モーリッツ
・フォン・オズワルドは長い間、エレクトロニック・ミュージック界の重要人物として知られている存在。

トーマス・フェルマンとのコラボレーションに始まり、マーク・エルネストゥスと共同で<Basic Channel>を設立、そしてベルリンとデトロイト間のテクノ・コネクション確立にも貢献した。フォン・オズワルドは、共同でサブレーベル<Chain Reaction>、<Main Street>、<Burial Mix>、<Basic Replay>、<Rhythm & Sound>を立ち上げただけでなく、常にシーンの舞台裏でメジャー、インディペンデントに関わらず、トニー・アレンからカール・クレイグの<Planet E>まで、ミキシングやマスタリングにも携わってきた。彼の古い友人であり、コラボレーターでもあるマックス・ローダーバウアーも、同じように長く裏方でプロダクションに関わってきた経験があり、
その歴史はベルリンの<Tresor>シーンに遡る。彼が最も知られているのは、サン・エレクトリックの片割れとしての顔だろう。あるいは最近トビアス・フロイントと結成したユニットNSIの、実験的なダンス・ミュージックとアヴァン・ピアノ/エレクトロニック作品かもしれない。

ヴラディスラヴ・ディレイの初期作品は、90年代半ばに<Chain Reaction>からリリースされている。ジャズ・ドラマーとしてキャリア をスタートさせたディレイは、三つの異なるプロダクション・アイデンティティを確立し、ハウスやテクノにおけるエレクトロニック・ライブ・パフォーマンスの概念を覆しただけでなく、極めてパーソナルな独自の領域を追求している。ディレイはまた、クレイグ・アームストロングとAGFと共にザ・ドールズというパフォーマンス・プロジェクトを、ミカ・ヴァイニオ(パン・ソニック)とジャズ・ミュージシャンのデレク・シャーリーとルーチオ・カペーセとは、最近デビューしたばかりのヴラディスラヴ・ディレイ・カルテットを結成し、活動している。MvOTのアルバムも、年内に発表される予定になっている。
Translated by 浅沼優子

買取に関することや新品・中古在庫確認のお問い合わせはメール・お電話でお気軽に!

▼タイムリーな入荷・セール情報は是非当店のメルマガで!
ジャンル別・PC/モバイル別でご用意しております。
空メール送信にて簡単に登録出来ます♪

━パソコンにてご登録される場合

▶アイコンをクリック。
▶メーラーが起動しますので、そのまま何も記載せずにメールを送信。
○送っていただいたメールアドレスが登録になります。
▶配信スタンドからURLの記載されたメールが届きます。
そちらのURLにアクセス、内容確認後、クリックして完了。


title_mailmaga.gif
▲PC専用:Hip Hop /House /Techno


title_mailmaga.gif
▲PC専用:Roots Reggae


━携帯電話にてご登録される場合

▶QRコードにアクセス。
▶メーラーが起動しますので、そのまま何も記載せずにメールを送信。
▶配信スタンドからURLの記載されたメールが届きます。
そちらのURLにアクセス、内容確認後、クリックして完了。

QR_Code.jpg
▲携帯専用:Hip Hop /House /Techno

QR_Code(2).jpg
▲携帯専用:Roots Reggae
―――diskunion shinjuku club music shop―――――――――――――
東京都新宿区新宿3-28-2フクモトビル3F
TEL:03-5919-2422
E-MAIL:ds5@diskunion.co.jp
hpアドレス・地図
営業時間 11:00-21:00(日・祝20:00) 年中無休 大晦日・お正月も通常営業

拍手[0回]

2008/06/02 (Mon) 未選択 Comment(0) Bookmark and Share
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
LIMITED
▼当店限定発売!▼
DJ KOCO a.k.a. Shimokita / You Need NOTTZ Music
 
SALE INFO.
買取システムのご案内

b092da14.png

高価買取リスト

shop info | アクセス


tweet.png facebook.jpg   

▲ shop 詳細はmapをクリック
〒160-0022
新宿区新宿3-28-2フクモトビル3F
TEL:03-5919-2422
e-mail:ds5@diskunion.co.jp
営業時間:11:00~21:00
(日祝11:00~20:00)

twitter
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
26 27 28 29 30